防水工事

■水に負けない建物を構築する

屋上やベランダなど、建物の屋外にある箇所は他よりも比較的雨水が溜まりやすい環境です。そういった箇所には防水工事が施されているのですが、施工された防水層が劣化してしまうと、雨水が建物の耐久性を低下させてしまいます。

建物そのものに耐久性があったとしても、きちんとした防水工事を行っていなければ雨漏りに繋がってしまいます。劣化があれば適切に修繕し、建物を「水」から守りましょう。まずは屋上やベランダに、以下のような症状がないかご確認ください。

▼防水層の劣化をチェック
・水はけが悪い
・コケやカビが繁殖している
・防水層が割れている、膨らんでいる
・雑草が生えている など

上記のような症状が見られる場合、防水層が劣化している可能性があります。建物そのものに悪影響が出る前に、防水工事をご検討ください。

 

■施工箇所に合った工法の選択を

○ウレタン防水

ウレタン塗料を塗り、防水性の高い塗膜を形成する工法。国内シェアナンバーワンを獲得しているその理由は、複雑な形状でも容易に、それでいて確実な防水塗膜を形成するからです。また施工場所を問わず、継ぎ目のない美しい防水層に仕上がることも特長。さらに短工期で廃材も出ない点も、選ばれ続ける理由です。

○FRP防水

繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)を用い、耐衝撃性・耐水性・成型性に優れている工法。ウレタン防水の防水層が2~3層なのに対し、FRP防水は防水層が5層と厚みがあります。需要も高く、住宅以外でも船舶やプール・水槽、屋上駐車場などでも施工例があります。

▼お問い合わせはこちら

【代表直通】090-6572-1008
【事務所】052-898-2305
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日曜定休)
【対応エリア】名古屋市を中心に東海三県対応(※各都道府県への出張も承ります)

一覧ページに戻る