屋根修理・補修

屋根の修理業者は世の中にたくさんあります。
「どこでも一緒だろう」と、お考えになる方も多いのではないでしょうか。
しかし実際は、技術力やサービス内容に大きな差があるため、いい加減に選んでしまうと後々面倒なトラブルが起こることも。
当社にお任せいただければ、お住まいにとってベストな施工をご提案いたします。
みなさまが安心して長く暮らせるよう、丁寧・確実に屋根修理を手掛けてまいります。

 

このようなことがあれば、修理や補修のサイン

【天井や壁にシミがある、雨が降ると、天井裏で雨音がする】
シミや、雨音がする場合は、瓦や防水シートが損傷し、雨漏りしていることが考えられます。
放置しておくと天井や壁に雨染みが広がっていくだけでなく、屋根の下地部分である野地板や骨組みに重大なダメージを与えてしまいます。

【瓦のズレや割れ・落下が見られる】
瓦の割れやズレたりしていると、屋根に空いた隙間部分から水が浸入し、後々は雨漏りの原因に…・・・。
瓦が落下してしまっている場合は、下地部分を守るものが無くなり、屋根の防水能力は著しく低下しているので要注意です。

【漆喰がはがれたり、落ちている】
瓦屋根の場合、瓦と瓦の接着部分には“漆喰”が用いられています。
この漆喰部分が劣化して崩れてくると、瓦が充分に固定できなくなります。
また、ズレた瓦同士が干渉し合って割れたり、ちょっとした地震で落下してしまったりトラブルになる可能性も。
早急な詰め直し工事、または棟瓦取り直し工事をオススメします。

【カラーベスト屋根の板金棟部分に浮きやサビが見られる】
屋根頂上部のトタン金物や釘・棟木部分は、長い間雨にさらされると劣化し、サビや腐食が発生してしまいます。
放置しておくと、台風や強風で飛散し、落下や雨漏りにつながってしまいます。
早めの修理が必要ですので、お問い合わせください。

 

このような工事はお任せください

○ 各種補修工事
割れた瓦の差し替え工事、経年劣化で穴が空いた谷樋の入れ替え工事など、各種補修工事のほか、ご要望に沿った工事を行います。

○ 漆喰詰め直し工事
漆喰の剥がれ、崩れが軽微な場合は「漆喰詰め直し工事」を。
この工事は文字通り漆喰を詰め直すもので、劣化が軽度の時にお手入れすれば、メンテナンス費も抑えることが可能です。

○ 棟瓦取直し工事
漆喰の剥がれ、崩れが酷い場合は「棟瓦取直し工事」を行います。
棟瓦を一旦取りはずし、再度漆喰を詰め直した後に取りはずした棟瓦を再び設置していきます。

▼お問い合わせはこちら

【代表直通】080-4846-0466
【事務所】052-898-2305
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日曜定休)
【対応エリア】名古屋市を中心に東海三県対応(※各都道府県への出張も承ります)

一覧ページに戻る