外壁塗装

■塗装工事の役割を考える

どんなオシャレな建物も、どんなカラフルな建物も、塗装工事は行われています。中でも外壁部分は建物の美観を左右する箇所。古びた箇所や汚れが目立つと、たちまち美観を損ねてしまいます。

塗装工事は美観を取り戻すのに有効です。また建物を様々な劣化からコーティングする意味でも役立ちます。外壁の劣化を抑制するためには、塗装工事が必須なのです。

そもそも塗装工事には、建物の防水性を確保するという目的があって行われます。様々な建物に使われる外壁材や屋根材は、紫外線や風雨、排気ガスの汚れの付着などにより経年劣化していきます。それを抑制し、建材が長持ちするようにコーティングするのが塗装工事の役割。建材の劣化は雨漏り被害に繋がってしまうので、注意が必要です。

 

■塗膜の劣化を見逃さないようにしておきましょう

では実際に塗り替えを行うとなると、どのタイミングで行えばよいのでしょうか。一般的には「10年に一度」と言われていますが、劣化箇所を適切に見抜き、必要なタイミングで必要な塗装工事を行うのがベストです。

▼各劣化症状を知っておきましょう

・チョーキング
外壁に触れた時、手に白い粉が付く場合は塗膜が劣化しています。これはチョーキングといい、塗り替えを行う目安となります。

・外壁が色褪せている、汚れが目立っている
塗膜の防汚性や光沢がなくなってきている証拠です。とくに日陰になっている外壁はカビが発生しやすいので注意しましょう。またコケや藻の発生も要注意です。これらは水分を多く含むため、防水機能の低下を引き起こします。

・外壁に流れるようなサビ汚れがある
サッシなどの金属部品がサビて劣化しているサイン。ケレンしてサビ止め塗料を施す必要があります。

・外壁にヒビ割れがある
ヒビ割れは大小問わず注意が必要です。どんなに小さなヒビ割れでも雨水は浸入し、建物の躯体を弱らせてしまいます。

▼お問い合わせはこちら

【代表直通】090-6572-1008
【事務所】052-898-2305
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日曜定休)
【対応エリア】名古屋市を中心に東海三県対応(※各都道府県への出張も承ります)

一覧ページに戻る