シーリング工事

■建物の防水性を向上させるシーリング工事

まず「シーリング」とは、サイディングやALCパネルといった外壁材同士の目地を埋めるためのものです。サッシ周りや水回りで使われているのをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。これは隙間から雨水の浸入を防ぐために行われます。

もちろんシーリングも経年で痩せ細ったり硬化したりするため、メンテナンスが必要となります。シーリングが劣化するとそこから雨水が浸入しやすくなるため、ご注意ください。

またシーリング工事は一般的に二種類の方法で行われます。ケースに合わせた対処法となるため、ご依頼いただく際の参考にしてみてください。

○増し打ち

既存のシールの上から新たなシール材を充填する工事。

○打ち替え

既存のシールを取り除いて、新たなシール材を充填する工事。増し打ちと比べてコストがかかりますが、後のメンテナンス費用を考慮すると打ち替えがオススメです。

 

■シーリングの劣化を見逃さないように

ではシーリング工事はどのタイミングで行うのがベストなのでしょうか?それを判断するためには、まずシーリングの劣化症状を知っておかなければいけません。シーリングに以下のような症状が見られる場合は、増し打ちや打ち替えのタイミングです。

○シーリングのヒビ割れ

紫外線や経年劣化が原因で、シーリングに亀裂が入っている状態です。この状態だと雨水が浸入していまうため、シーリング工事を行いましょう。

○シーリングの痩せ・剥がれ

シーリングが劣化し、痩せ細ってしまうと、外壁から剥離してしまうこともあります。シールが適切に充填されていなかった場合にも起こり得ますので、この際は再充填が必要となります。

○シーリングがベタ付いている、汚れている

シーリングにベタ付きがあったり汚れている場合は、可塑剤(※)が使用されたシーリングを使用していると考えられます。可塑剤不使用のシーリングで防ぎましょう。


可塑剤…材料を柔らかくするための成分。劣化すると溶け出し、周りの外壁材も汚してしまう他、シーリングの弾力性も失われてしまうため、シーリングには不使用のものが望ましい。

▼お問い合わせはこちら

【代表直通】080-4846-0466
【事務所】052-898-2305
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日曜定休)
【対応エリア】名古屋市を中心に東海三県対応(※各都道府県への出張も承ります)

一覧ページに戻る